感想

【人は話し方が9割】感想書きます!自分を変えたいと思って奮闘中✊

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分40秒です。

こんばんは。ことのは(@kotonohaho)です。

今日は私が読んだ本

「人は話し方が9割」の感想を

書いていきます!

よろしくお願いします!

こんな人に読んでほしい!

●話し方に悩んでいる人

●特別な場面でなく日常での会話が上達したい人

●思っていることを正直に言えない人

「人は話し方が9割」内容

タイトル

人は話し方が9割

著者

永松茂久

ページ数

238ページ

価格

1,400円+税(税込 1,540円)

発売日

2019年9月14日

《スポンサーリンク》



簡単に話せるようになる3つのコツ

①否定禁止

②笑顔でうなづく

③プラストーク

①否定禁止

これは簡単そうで実は

結構難しいことだと思います。

職場での会話、友人との会話、

家族との会話。

 

たくさん会話をする中で

否定って割としちゃうこと多いですね。

「でも・・・」「だって・・・」

「それはどうなんだろう?」などなど。

 

 

私も気をつけてはいますが

気を許している相手ほど

こういうこと言ってしまいがち(^_^;)

 

例えば仕事中ならある程度

気を張っているから

気をつけてたりするけど

家族と喋るときなんかは

否定系の言葉から入ることが

多いような気がします。。。

 

日頃から気をつけてはいますが

どうしてもリラックスすると

「でもさー」とか「実はこうなんじゃない?」

とかついつい反論してしまいがちです^^;

 

職場ではできるのになぜ家では

出来ないんだろう?っていうのが

私の悩みでもあるので

何か対策しないとですね。

 

そこで役立ちそうなのが

「人は話し方が9割」にも

書かれているように

否定系の言葉を使ったら

何かしらのペナルティを決めておくと

いうのはいいかもしれない💡と思いました♪

私のコミュニティでは否定発言をしたら

退場していただくルールを作っています。

誰かが発言した時に、「そうは言っても」とか

「それは、違うだろ」という空気が流れることがあります。

そういう空気が会議全体を覆ってしまうと

人の潜在能力、つまりパフォーマンスは

低下します。そして誰もが口を閉ざすようになります。

※「人は話し方が9割」33ページから引用

まさか家で話しているときに否定系を

使ったとして退場するわけにはいかないので(笑)

それに変わるルールを設けておくのが

いいかもですね。

 

否定系の言葉を使ったら

100円貯金するとか。

好きなお菓子を我慢するとか。

 

あまり重すぎるペナルティにすると

それ自体が負担になって

自然な会話にならない可能性も

あるので軽すぎず重すぎずな

ペナルティがいいかもですね♪

 

②笑顔でうなづく

これ、結構大事なことだと思います。

どんなに会話がうまくても

無表情だとあんまり楽しそうな

印象じゃない気がします。

 

私も気をつけていることですが

というか私の場合、意識してないけど

なぜか周りからは話すときすごく

嬉しそうだよね。と言われるから

自然と笑顔になってると思われます(笑)

 

ただそこでちょっと気になってるのが

私としては好意の笑顔だとしても

おかしくて笑ってると受け取られてたら

嫌だなってこと。

 

そうならないようにマジメな話のときは

真剣に、くだけた話のときは

表情で差をつけるように気をつけてます。

 

嬉しそうだよね。って言われるってことは

おかしくて笑ってるとは思われてなさそうですが

気をつけないとポイントですね。

 

あと今はマスクをしていることが多いので

どうしても目から下が見えないので

表情がわからないなぁとも感じています。

 

そこで意識しているのが

目で笑うこと。

 

マスクで見えないとしても

おもしろいときは口角を上げるように

意識しています☆

 

そうすると自然と目尻が下がると思うので

そこの意識しているポイントです^^

 

③プラストーク

これも簡単なようで結構難しいことですね。

元気なときはいいけど

ちょっと落ち込んだりとか

疲れたりとかしたときは

ついついネガティブな発言になってしまいがち。

前向きな話は人を元気にします。

逆に、後ろ向き、否定的な話は、自分自身だけでなく

聴く人のエネルギーを下げてしまいます。

※「人は話し方が9割」36ページから引用

「人は話し方が9割」の中に書かれている

プラストークは

●人をほめること

●感動した話をすること

●今の現状を良くしていこうとすること

明るい言葉が明るい空気を作る

これは素敵な言葉ですね。

 

確かにどんよりとした空気だと

自然とその空気に引っ張られてしまったり

しますね。

 

無理して明るくしなくてもいいと思うけど

なるべくなら明るい空気を心がけたいですね♪

 

とはいっても家族や友達同士なら

ほめることや感動した話はしやすいですが

仕事中だとあんまりそういう世間話とかは

できないですよね。

 

それに仕事中にほめることをしても

仕事だからねっていうのもあるし

逆に丁寧すぎる対応になってしまうかもなので

そこで私が心がけていること。それは・・・

 

「ありがとう」を伝えること。

仕事で何かしてくれたとき

嬉しかったとき

「ありがとうございます」

一言、言うようにしています。

 

ここで大事なのは言った

「ありがとう」に対して

反応を求めないこと。

 

あくまで自分が言いたいから

言うというスタンスでいること。

 

じゃないと、自分が心がけているだけのことに

見返りを求めてしまったりします。

 

なので「ありがとう」は言うけど

言ったらそこで完結させること。

 

あくまで自分が言いたいから

言っているということを

意識しています。

 

プラストークとは少し

違うかもしれませんが

明るい言葉が明るい空気を作るという

ことには沿っているような気がしています。

《スポンサーリンク》



話し方において一番大切なこと

それは、聞くことである。

話し方についての本なのに

一番大切なことが聞くこと。

 

これって矛盾している感じですが

結構、理にかなってるんですよね。

 

私もこれは知っていたので

かなり前から実践しています。

 

人は自分のことをわかってくれる人を

好きになる。

 

裏を返せば私のこともわかってほしいって

思ってしまうことにもなりますが

それを前面に出しすぎると

「聞いて聞いて〜」と自分の話ばかりに

なりがち(^_^;)

 

2人で会話していてお互いに

「聞いて聞いて〜」状態だと

会話としては成立しなさそうですね。

 

私はもともとあまり自分の話を

しないので(するのが苦手💦)

自然と聞き役に回ることが多いので

こういう衝突ってあまりないんですよね。

 

相手の話を聞いてその流れで

「ことのはさんは?」と

聞き返されて自分の意見を言うって

感じですね。

改めて会話において出来ていることは

継続して、出来ていないことは

克服できるように日々努力したいと思います♪

まとめ

「人は話し方が9割」を読んだ感想を

書きました!

 

話すことは日常でする行動なので

ついつい口が滑ったり

軽いノリで喋ったりすることも。

 

だけどそこで一旦、深呼吸をして

落ち着いて話せるようになりたいですね♪

 

すぐには出来ないかもしれないけど

トライ&エラーで少しずつ

できるようになりたいと思っています^^

 

話すことが苦手な方は

一度手にとってみてはいかがでしょうか?

それでは最後までお読みいただき

ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

ブログランキングに参加しています👇

よければ応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

《スポンサーリンク》