アニメ

【恋とプロデューサー】アニメの感想を振り返りながら書いてみる

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分43秒です。

こんばんは。ことのは(@kotonohaho)です。

今日は2020年7月16日〜10月1日まで放送されていた

アニメ「恋とプロデューサー」の感想を

書いていきたいと思います。

《スポンサーリンク》


 

アニメを見ようと思ったきっかけ

「恋とプロデューサー」も好きな声優さんが

出ていたのがきっかけ。

 

このアニメでは杉田智和さん小野友樹さん。

杉田智和さんはゲームからで

小野友樹さんは「文豪とアルケミスト」を

見てからですね。

 

ストーリーとキャラデザや

公式サイトを見て面白そうだと思ったので

視聴決定!って感じでした。

 

タイトルに「恋」がついてるから

恋愛要素が強いのかなって思ったけど

アニメを見てみるとそれだけじゃなくて

主人公が失った記憶を取り戻そうとしていたり

「ブラックスワン」という組織との対決もあって

見ていておもしろいと感じました^^

 

主人公の「わたし」ちゃんが

ただ守られているだけじゃなくて

自分から立ち向かっていく姿勢

すごく好感が持てました^^

 

周りにいる人間

ゼン(CV杉田智和)

シモン(CV平川大輔)

キラ(CV柿原徹也)

ハク(CV小野友樹)

は、「わたし」ちゃんを守りつつ

「わたし」ちゃんの真実を知りたい

向き合いたいという気持ちを尊重して

見守っているところもよかったですね。

 

ただ守って囲うだけじゃなくて

守りつつ一緒に戦うところが

印象に残っています。

アニメ「恋とプロデューサーEVOL×LOVE」公式サイト

ゼンとの距離感

「わたし」ちゃんは映像会社「キセキエンタテイメント」の

社長兼プロデューサー。

ゼンは「キセキエンタテイメント」に出資しているCEO。

 

その関係からゼンは「わたし」ちゃんに

厳しく会社の方針や番組作りなど

指導してくれています。

 

「わたし」ちゃんは最初反発しながらも

番組作りと会社を続けるために

奔走していく中でゼンの本当の気持ちを知り

次第に距離が近くなっていく感じですね。

 

ゼンが探し続けている人物が実は

「わたし」ちゃんで

「わたし」ちゃんが昔のことや

ゼンのことも少しずつ思い出していく

その様子が描かれている7話「繋がった記憶」

アニメの中で一番印象に残っていますね。

 

今まで仕事の関係上もあって冷たくしていた

ゼンが「わたし」ちゃんに対して

絶対に守ると、もう手放さないと

誓った一瞬のシーンが心に響きました。

《スポンサーリンク》


※本ページの情報は2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

ブログランキングに参加しています👇

よければ応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

《スポンサーリンク》



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です