MARS RED

【MARS RED】12話「道化の王」感想

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分57秒です。

こんばんは。ことのはです。

今日はMARS RED12話の感想を

書いていきます。

よろしくお願いします。

《スポンサーリンク》



MARS RED12話感想

送別会に招かれたルーファスを待っていたのは

ある舞台。

 

そこにはサロメを演じているデフロット。

このときの沢城みゆきさんの演技好き。

 

高い声も低い声も両方の使い分けが

すごい。

 

特に好きなのは

どんな宝物だってお前にやろう。

たった一人の命を救うためなら。

その声は音楽のあふれたぶどう酒のよう。

もう一度その声を聞かせて。

ダニーボーイ。

MARS RED12話より引用

もう一度〜の声の切り替わりがすごいんです!

高い声から低い声での切り替えは鳥肌。

 

零機関もここまでって聞いてすごく悲しい。

スワさんが

「俺はここで抜けさせてもらう」

「それはさびしいですね」

「悪いと思ってる」

「あやめさんですか」

「泳がせてたのは俺だ。

 カタをつけねぇとな」

「ではこちらは栗栖さんに頑張って

 もらうとします」

「そいつを渡してくれねぇか。

 達者でな」

MARS RED12話より引用

零機関のメンバーがもう集まること

ないのかなって思うと

すごく悲しい。

 

驚異的な回復を見せた葵は

元気になって天満屋さんの

お手伝いをしてる。

 

実際はどれぐらい時間が

経ったのかな。

 

栗栖に再会できた葵は嬉しそう(●´ω`●)

 

栗栖がヴァンパイアになってたことを知って

最初は、いやきっと今も

ショックなんだろうけど

持ち前の明るさでカバー

してるんだろうな。

 

嬉しそうに栗栖にパッと消えるやつを

もう1回見せて欲しいと言う葵に

素直に消えて見せるけど

これが栗栖とのお別れだというのが

切ない。

 

「確かにヴァンパイアは僕たちと違う。

彼らは傷もすぐ治るし歳だってとらない。

でも何で生きてるのかと、人生に迷う。

この月夜の下、笑ってみたり

泣いてみたり。

間違いをおかしたかと思えば

正しいこともする。

そこはヴァンパイアも人間も同じなんだ。

でも言いたいことがあるなら急ぐといい。

彼らと違って僕らの時間は限られているんだから」

MARS RED12話より引用

 

 

シーンは変わってデフロットが生きてたと知って

ひどくおびえるルーファス。

 

金剛鉄平に超音波で話しかける

ルーファス。

そのシーンの1カットに前田さんが映ってる。

最初は全然気がつきませんでした(^_^;)

 

さっきのルーファスの超音波で栗栖も

前田さんも集まってきたのかな。

 

前田さんヴァンパイアになったら

雰囲気が変わってかっこいい。

人間だった頃とはちがう迫力というか

味がある。

 

やっぱり前髪上げてるのとおろしてるのでは

雰囲気変わるよね。

12話のデフロット

「この前おかしな夢を見た。

ヴァンパイアじゃないんだ。この僕が。

バカバカしいだろう」

MARS RED12話より引用

このセリフの意味ってもう戻れない

人間だった頃を思い出したのかな。

 

もし今人間だったら人間に戻ったら

どんな風に生きるのかなって

思ったのかな。

 

やっぱり前回の11話でいろんな

感情が出てきたからちょっと

感傷的になってるのかなデフロット。

 

ラストのシーンの栗栖と前田さんが

対峙してるシーンすごくかっこいい。

まとめ

MARS RED12話の感想でした。

 

人間とは何かヴァンパイアとは何か

考えさせられる回だと思います。

 

体の本質は違ってしまったけど

気持ちの本質は人間とは

変わらないんだなと感じました。

 

それでは最後までお読みいただき

ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+

ブログランキングに参加しています👇

よければ応援お願いします♪

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+

《スポンサーリンク》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MARS RED DVD-BOX2 [ 畠中祐 ]
価格:14960円(税込、送料無料) (2022/3/10時点)