MARS RED

【MARS RED】6話「さいごの青空」感想。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分9秒です。

こんばんは。ことのはです。

今日はMARS RED6話の感想を

書いていきます。

よろしくお願いします。

《スポンサーリンク》



MARS RED6話 感想

前田さんが地下にいて無言・無音で立ってて

その演出がすごくいいなと思います。

BGMがなくても成り立つシーンって

結構珍しいというかそれだけで印象に残るし

表現したいことがあるからこその

無言・無音なんだろうなって。

 

ここでは前田さんの決意を表現してる

シーンになってると思います。

 

そんな前田さんと合流した山上さんと栗栖。

前田さんの体調を心配する山上さんと

「大丈夫だ」と言う前田さんに安心する栗栖。

 

それでも前田さんに対して

「もっと休んだ方がいいんじゃないか」と

言う山上さんはやっぱり優しい。

 

戻ってきた中島中将に金剛鉄平について問いただす

前田さん、山上さん、栗栖。

 

前田さんはただ聞いてるだけだけど。

それも前田さんの静かな決意だと思う。

 

中島中将の若者を失いたくないという気持ちは

大事だけどそのやり方を間違ってしまったんだよね。

 

理想を求めるあまり若者を金剛鉄平にしてしまうと

いうのはどうなんだろう?

 

永遠に生き続けられるけど、そこに意志とか自我がないと

兵器と変わらないし結局、若者の命を犠牲にしてるような。

中島中将の金剛鉄平計画は前田さんを

ヴァンパイアにすることで完結するらしい。

 

ずっと中島中将の言うことに忠実な前田さんは

ヴァンパイアになろうとするけど

そんな前田さんを止める山上さんと栗栖。

 

前田さんはもう決意してしまってるけど

ヴァンパイアになってほしくないと思ってる

山上さんと栗栖は必死で止める。

こういうシーンと見るといい仲間だなって思う。

 

だけど前田さん、金剛鉄平になることに

すごくあっさりしてるけど怖いとか

思わないのかな。

そんな感情ですら強く押さえ込んでるのかな。

「俺たちが人でい続けようと必死であがくその隣で

どうしてお前たちはそうも簡単に人であることを捨てられる?」

MARS RED6話より引用

この山上さんのセリフがすごく響きますね。

ヴァンパイアになっても人間らしく生きている

山上さんと人間でありながら感情を押し隠して生きる

前田さん。

 

確かに正反対だし考え方的には前田さんの方が

冷徹でヴァンパイアっぽいな。

山上さんは本当に情に熱い人だから。

 

中島中将は若者を失いたくないと言いつつ

金剛鉄平にして兵器のようにしてるから

結局未来を奪ってると思う。

 

そのやり取りをしてると地震が起きる。

大正十二年九月一日 関東大震災。

ここからすごく悲しく泣けるシーン。

 

がれきに足をはさまれて動けない前田さんを

助けようとがれきをよけていく山上さん。

 

がれきをよけたことで太陽の光が

差し込んでしまう。

 

前田さんの足をはさんでいる最後のがれきを

持ち上げて運ぶ山上さんにも

太陽の光が当たって消えてしまう。

 

動けないけど太陽の光に当たって消えようとしてる

山上さんを必死で止めようとする

前田さんのセリフや声にはすごく

必死さがあって心が痛くなりますね。

 

でもそうすることで山上さんは

前田さんに教えたかったのかも。

 

人間らしく生きてほしいと。

 

山上さんは前田さんに

「栗栖を頼む」と言葉を残して消えてしまったけど

他に山上さんも助かる方法なかったのかなって

すごく思います。

 

山上さん、消える前どんな感情だったんだろう。

消えたくないと思うだろうし

前田さんのこととかも心配だっただろうし。

 

それでも助けるためにそうするしかなかったなんて

切なすぎる。。。

 

「天ぷら食いてぇなぁ」って言いながら

消えていくのは山上さんらしいとは思うけど。

本当にただただ悲しい。

6話の音楽がよかったシーン

6話での音楽がいいなと思うシーンは

やっぱり山上さんが前田さんを

助けようとするシーンの音楽。

 

MARS REDのテーマは泣けますね。

そこにシーンとの相乗効果ですごく感動する(´;Д;`)

山上さん、本当消えたりせずに

いつもの明るい感じで十六特務隊にいてほしかった。

 

もしこの日が曇りならまだ何とかなったのかなって

思いました。

6話のデフロット

6話はデフロットくん出番がないんだけど

話の中で葵が何度もデフロットのことを

忘れててこれも7話に繋げるための

伏線なのかも。

 

6話出番なしにして7話でさらに引き立たせるために

あえてこうしたんだろうなって印象。

 

デフロットの出番なしなのが

逆に惹かれるというか

そういうところまで考えて

アニメ作ってるのかなと思うと

すごく興味が出てきます。

まとめ

MARS RED6話の感想でした。

6話はすごく心に響く回で

個人的に好きな回ですね。

 

6話では珍しく前田さんの

感情が動くシーンがあるので

そこも見どころかなって思います。

 

普段は冷静だけど

心の中ではいろんな感情があることを

表現してるシーンだと思います。

 

それでは最後までお読みいただき

ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+

ブログランキングに参加しています👇

よければ応援お願いします♪

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+

《スポンサーリンク》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MARS RED DVD-BOX 1 [ 畠中祐 ]
価格:14960円(税込、送料無料) (2022/3/10時点)