アニメ

【夏目友人帳】8話感想【儚い光】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分42秒です。

こんばんは。ことのはです。

夏目友人帳8話の感想を書いて

いきます。

よろしくお願いします。

《スポンサーリンク》


夏目友人帳8話感想

サブタイトルは「儚い光」

沼に蛍を見に来た夏目とにゃんこ先生は

ある男性と出会う。

 

その男性には妖がとりついていたというか

一緒にいた。

 

その男性も妖を見ることが出来たが

今ではもう見えなくなっていた。

 

夏目は妖にキヨという名前を与えた。

 

妖怪が見えなくなるということが

信じられない夏目。

 

夏目はそのことをどう思うんだろう。

うらやましいと思うだろうか。

 

ホタルと男性は話をするようになったが

ある日、ホタルを見ることが出来なくなった。

 

夏目は妖が見えなくなることに対して

「嫌だな」とポツリ。

 

今ではにゃんこ先生もいるし

離れたくないのかな。

 

その男性に妖が見えることを

打ち明けた夏目。

 

その男性はホタルに恋をした。

 

ホタルは目の前にいるのに見えないことは

辛かっただろうな。

 

お互いに思い合ってるのに。

ホタルは蛍の妖。

 

一度だけ蛍の姿に戻ることは

出来るがそうなると2度と元の姿には

戻れなくなるという。

 

それでもホタルは蛍の姿になって

もう一度会いたいと願う。

すごく純粋な想い。

 

蛍の姿になって男性ともう一度再会できた

そのシーンは感動。

 

夏目が妖が見えなくなったとしたら・・・と

考えるところも深い。

 

妖の見えない平穏な日を望んでいる

はずなのに、それは解放なのか

それとも・・・と。

 

たとえいつの日か妖怪が目の前から姿を

消しても出会った思い出は決して

消えることはないだろう。

それは決して何一つ・・・。

 

夏目にとって妖を見れなくなることは

さみしいことかもしれない。

 

まとめ

夏目友人帳8話の感想でした。

もし、夏目に妖が見えなくなる日が

来たとしたら夏目はどうなってしまうのだろうと

考えさせられる回でした。

 

それではお読みいただき

ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+

ブログランキングに参加しています👇

よければ応援お願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+

《スポンサーリンク》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】アニメDVD 夏目友人帳 BOX付初回限定版全5巻セット
価格:12800円(税込、送料無料) (2022/5/5時点)

楽天で購入