アニメ

【夏目友人帳】5話感想。【心色の切符】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分12秒です。

こんばんは。ことのはです。

夏目友人帳5話の感想を

書いていきます。

よろしくお願いします。

《スポンサーリンク》



夏目友人帳5話の感想

サブタイトルは「心色の切符」

 

妖怪たちに名前を返すたび

レイコの記憶が思念となって

流れ込んでくるという夏目。

 

やがてその記憶はレイコという

一人の人間を作り上げていくのかな。

 

学校できつねうどんの

「きつね」を先に食べるか後で食べるかで

喧嘩するクラスメート。

 

平和だなー。こういうことで

喧嘩できるっていいな。

 

レイコが持ってた切符の駅についていこうとする

笹田。

 

それを見ていた田沼は笹田の気を

そらしてるうちに夏目を

乗せたバスが発車。

 

田沼は一人で行きたいこと察して

協力してくれたんだなぁ。

 

やっぱり一人ぐらいは事情わかってる人

必要だよね。

 

途中で出会った「さんと」って妖怪すごく

かわいい。

 

みくりとケンカしたさんとのために

一緒に行ってあげると

約束したレイコだけど

その約束を守れなかった。

 

そのレイコのかわりに約束を

果たそうとする夏目。

「でも今日はもう日が暮れる。

明日学校が終わったら来るよ」という

夏目に不安そうなさんと。

 

同じこと言われてレイコが来なかったから

不安なんだよね、さんと。

 

そんなさんとの気持ちを察して

「今から行こう」という

夏目は優しいな。

 

線路を歩いて霧が沼を目指す夏目とさんとと

にゃんこ先生。

 

みくりは憑依されてるから

会わない方がいいと言うにゃんこ先生に

それでも行くと伝える夏目。

 

そこに現れたみくりに再び襲われる夏目たち。

「友人帳を渡せ」と言うみくり。

 

友人帳の入ったポーチを落としてしまう

夏目だけどけなげに

レイコのだと渡さないさんと。

 

おっとりしてるけどすごく優しくて

約束は絶対守るさんと。

 

それがみくりのお願いでも。

 

さんと、本当いい妖。

純粋すぎて泣ける。

みくりとさんとはささいなことで

ケンカできて自然と仲直りできる

そんな関係すごくいいな。

 

言い争いながらも関係は続いていく。

そんな関係が一番かもね。

 

軽口が言えるってことは

お互いに信頼してる親友なんだよね。

 

夏目のクラスメートとみくりとさんとの

関係が人間でも妖でも親友同士を

表現しててステキ。

 

そこに現れた田沼に昨日のお礼を

言う夏目に「困ってたみたいだからさ」という

田沼。

 

この二人もいつか親友になるのかな。

 

それではお読みいただき

ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+

ブログランキングに参加しています👇

よければ応援お願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+

《スポンサーリンク》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】アニメDVD 夏目友人帳 BOX付初回限定版全5巻セット
価格:12800円(税込、送料無料) (2022/5/5時点)

楽天で購入