自己啓発本

【本紹介】多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。本の情報や感想。

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分16秒です。

初めまして。ことのは。です。

今日からブログを更新することになったので

よろしくお願いします。

このブログでは日常に溢れる様々な本、

小説やエッセイ、資格についての本や

自己啓発本など本と名のつくものは

紹介していこうというブログです。

本はまさに知識の宝庫であり、

いろんな方にもっと

本に触れてほしいという思いから

このブログを立ち上げました。

小説なら読むだけで楽しめるし、

資格や自己啓発本は

読んだ上で行動することで結果が

出てくるものだと思います。

このブログを読んでくださる方に少しでも

本の素晴らしさを知ってほしいと思い

ブログを始めました。

それでは早速、今日紹介する本について

書いていきますね。

今回紹介するのは

サンクチュアリ出版から発売された

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」です。

本の情報

この本に関わっている方の

名前などを紹介しますね。

〜敬称略〜

著者:Jam

監修:名越康文

デザイン:井上新八

DTP:小山悠太

営業:市川聡、石川亮(サンクチュアリ出版)

編集:大川美帆(サンクチュアリ出版)

進行管理:成田夕子(サンクチュアリ出版)

広報:岩田梨恵子/南澤香織(サンクチュアリ出版)

発行所:サンクチュアリ出版

URL→http://www.sanctuarybooks.jp

本の内容紹介

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」では

日常で起こるいろんなモヤモヤする出来事

ネコの四コマ漫画で簡潔にわかりやすく

描かれていて気軽に読める内容になっています。

Jamさんも本の冒頭で

気軽に読んでほしいと書かれています。

  • SNSのモヤモヤ
  • 人間関係のモヤモヤ
  • 職場のモヤモヤ
  • 自分のモヤモヤ

大きくこの内容について169ページに渡り、

漫画と体験談で構成されています。

SNS疲れは今や切っても

切り離せないものになっていますよね。</spa

気楽に始めたつもりが

●フォロー返し

●コメントの返信

●既読をつけたから返事しなきゃ!

●今ちょっと返事出来ないから既読つけない

(開けない)ようにしよう。

●こんなこと書いたらどうなるんだろう。

●何か言われたらどうしよう。

と、いつしか日常がSNSに

振り回されているなんてことも。

「気楽にやればいいよ」とか言われるけど

気にしちゃうのは

止められなかったりしますよね。

・嫌な人

・理不尽なこと

・周りの目が気になる

・自分を責める

それにプラスして現実の人間関係でも疲れて

しまうことが多くあります。

その日に起きた嫌なこと、言われた言葉、

苦手な人との関わりなどなど

考えたくないのに考えてしまって

ヘトヘトになることも。。。

そんな日常生活で疲れてしまった心も

この本を読むことで

気分が軽くなると思います。

ことのは。自身もこの本を読んで

肩の力が抜けたというか

楽になったのでSNSや人間関係に疲れている方

一度読んでみてはいかがでしょうか。

《スポンサーリンク》


ことのは。がこの本に出会った経緯

ことのは。がこの本の存在を知ったのはいつもの

通勤のために乗った電車内の広告でした。

まず飛び込んできたのがタイトルで

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

一見して本のタイトルらしくないなと

思ったことが逆に印象に残りました。

どういうことだろう?と表紙になっている

四コマ漫画を読んで

すごく今のことのは。に当てはまったんですね。

そのときのことのは。は

●毎日周りの視線が気になっていた

●自分の言動に思い悩む

そんな日々を送っていました。

仕事をしていても常に緊張した状態で
ことのはが何気なく発した言葉に対して

あんなこと言っちゃった。

あの人は今ごろどう思っているだろう。

こっち見て喋ってたけど何かしちゃったかな?

なんてことが気になってなかなか仕事に

集中出来ない状態でした。

1週間に一回しか会わない人に対しても

あんなこと言っちゃった。怒ってるに違いない。

今度会ったときに謝らないと!って思いながら

その1週間をずっとモヤモヤしたまま過ごして。

顔を合わせて1週間前のことを謝ると

「え?そんなこと?全然気にしてないよー」って

言われたりしたこともありました。

えっ?そうなの?この1週間モヤモヤしてたのことのは。だけ?

と拍子抜けしたのを今でも覚えています(^_^;)

その間にも仕事での人間関係、自分の言動、

他人の言動、一つ一つをすごく考えすぎて

全く気の休まらない日常。

家に帰っても

●何であんなこと言っちゃったんだろう。
●あの人どう思ってるかな。

ってことばかり考えてしまって

何も手につかない状態でした。

疲れきってヘトヘトでストレスから

ご飯食べまくるけどそれでも発散出来ず。

趣味で始めたTwitterも

●こんなこと言ったらダメかな?

●これを発信したらどうなるんだろう。

なんてことを考えまくって

やっと勇気を出してツイートできるという

有様でした。

顔が見えないんだからもっと

気楽にやればいいじゃんって

言われるけど、どうもうまく

いかないという状態でした。

もう悩みすぎて悩みすぎて頭の中は

そんなことでいっぱい。

仕事もしないといけないし、休みもない。

いつ体も心も休めるんだろう。なんて

思っていたときにこの本の存在を知りました。

もうそれこそ救世主!って感じでした!

もういつ悩みから解放されるのかもわからない。

その間にも日常はどんどん進んで

悩みだけが増える日々。

あの頃のことのは。はかなり疲れきった顔を

していたと思います。

その本のタイトルと内容に

救われた気がしたことのは。は

その本のタイトルを覚えておいて

購入を決意しました!

本屋で見つけたら買おうとか

インターネットで買おうとか思いながら

また忙しさにいつの日か頭の片隅に本のことを

追いやって忙しい毎日に忙殺されて

なかなか本を買う気持ちの余裕もなく。

数ヶ月経ってふと立ち寄った本屋で

本を発見!

迷わず購入しました!

きっとこの本を今、手にしたことは

今のことのは。に必要だと思ったから

引き寄せたと思っています。

この本を読んでほしいのはこんな人!

・人の顔色を伺ってしまう。
・常にビクビクして疲れきってしまう。
・考えすぎるのをやめられない。
・辛すぎて悩みから解放されたい!
・断れなくてついついいろいろ引き受けてしまう。
・人に怒れない。
・自分の意見が言えない。

こんな悩みを持っている方には

ぜひ読んでほしいなーと思います。

〈断れなくてついついいろいろ引き受けてしまう〉
例えば仕事をしていて急に残業になること

よくあると思います。

●今日は帰りたい気分。

●夜に宅配便が来るから帰らないと。

なんてときでも、残業出来るか聞かれると

帰りたいな。って思っていても

笑顔で「出来ますよー」と言ってしまう。

●まぁ宅配便はまた後日でいいよね。

●ホントは帰りたいけどやっぱり断れない。

●自分の意見はどこにいったんだろう。

●どうして言えないんだろう。

●他の人はちゃんと自分の意見が言えていいな。

いざ定時になると残業する人もいるけど

用事があったりで帰る人もチラホラいます。

そんな人を見ていると

●あーあの人はちゃんと断ったんだな。

●定時で帰れて羨ましい。

●それに対して自分は何をしてるんだろう・・・。

なんてことを考えながら仕事していると

すごく虚しくなってくるという

日を過ごしていました。

周りと比べる必要はないってわかってるのに

疲れてくるとどうしても周りと比べたり

羨ましいと思ったりしてしまっていました。

断ればいいのにいい顔していつも引き受けて

疲れてるのに。。とグルグル思考モードに突入。

こうなると仕事の疲れと気疲れで

家に帰ると何も出来なくて焦りを

感じていました。

やりたいことあるのに疲れきって
ご飯食べるだけで精一杯でした。

結局今日も仕事で終わるんだな。

と思いながら疲れてすぐに寝てしまいます(>_<)

〈自分の意見が言えない〉
仕事でもプライベートでも

人の顔色伺って自分の意見が言えないって方

結構いると思います。

例えば友達と遊んでいるときに

ランチをどこで食べようかといろいろお店を

見て回って相手に

「このお店がいいな」って言われると

他に食べたいものあるけど

〇〇がいいなとは言えず笑顔で

「ここでいいよ!」って言ってしまって

内心ではモヤモヤしていたりすることも。

そろそろ帰りたいなとも言えず疲れきっても

夜遅くまで遊んでしまって家に帰るとそのまま

寝てしまうなんてこともありました。

いつも相手の都合のいい場所で

待ち合わせしているから

たまにはこっちの都合のいい場所で

待ち合わせたいと言っても結局断られて

「いいよいいよ( ´∀`)」って

引き受けてしまったりすることもありました。

やっぱり自分の意見を言えない、

怒らないというのは

●調子に乗ってこっちの意見を聞いてくれない。

●意見が言えても押しに弱くて結局言われるままになる。

という傾向がありますよね。

<悪くもないのに謝る>

これはまさにことのは。のことなんですが

とりあえずごめんなさいって言っておけば

この場は丸く収まるよね。と

謝るクセがついてしまっています。

もう自分が悪くなるよりも

あれこれ考える元気がなかったり

悪くもないのに謝ることで人によっては

悪くもないのに謝らないで!と

怒り出す人もいますよね。

それでも謝るクセからなかなか

抜け出せないし。。。

なんてことを考えていると

結論として

何で自分はダメなんだ!

何で意見が言えないんだ!

と追い詰めて追い詰めて

周りを羨ましく思い始めて更に凹む。という

無限ループに入って

しまうかもしれません。

こうなってくるともう日常は

しんどさしか探せなくなって

全てが自分のせい。出口の見えない悩みに

絶望なんてことにも。。。

上記のような悩みを抱えている方には

ぜひこの本を手にとって

もらいたいと思っています。

もう疲れ切って本を読む元気もないですって

方もいらっしゃるかもしれませんが

Jamさんのイラストは

可愛くて四コママンガなのでサクッと

気楽に読めるのでおススメです!

後の解説も長すぎず程よい文章で

構成されています。

そしてJamさんの体験談から

私も昔はこうでしたと書いてあるので

共感も出来て

本当に魔法の言葉のように

疲れきった心に優しく浸透していきます。

それはまさにカチコチに固まった体に

マッサージでじわりと体のコリを

ほぐしてくれる感覚でした。

体だけじゃなく心にもマッサージをしてあげて

ガチガチになった気持ちがふわりと

解けていく感じがしました。

本を読んだ感想

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

感想としてまず最初に言えるのは

「読みやすい!」ってことですね。

仕事の休憩時間に読み進めていたんですが

15分程度の休憩でもサクサクと

読み進めることが出来ました。

その理由としてはやっぱり

●四コマ漫画が読みやすい。

●解説も長すぎず短すぎずちょうどいいボリューム。

●イラストが可愛い。

●難しい言葉や専門的な知識は書かれていないので

共感しやすい。

という点がありますね。

短い休憩時間の中で数ページ

読み進めることが出来るぐらい

読みやすいので文章を読むのが苦手な方にも

オススメできる一冊です☆

それとこの本を読んでいて思ったことを

結論から言うと

自分は自分で

いいんだ!ってことですね。

ことのはも含めてこういう

本を読む人の傾向として

●自分らしさを出せない。

●人の顔色を伺ってしまう。

●自分の意見が言えない。

●周りの目が気になる。

●自分を責める。

という方が多いと思います。

普通に仕事をするだけでも疲れるのに

それにプラスして常に人の視線が気になって

ビクビクしていたら仕事にも集中出来ないし

普通に考えて疲れが他の人よりも

多くなっちゃいますよね。

こういう傾向の人は実はすごく優しい人で

人の気持ちを汲み取ってあげようとして

反対意見が言えなかったり、

心では泣いているのに

精一杯の笑顔を浮かべて人のことばかりを

優先している人だと思うんです。

まだ元気なうちはいいけれど、

どんどん疲れてくると

●人にばっかり優しくしてるけど自分に優しく

してくれるのは一体誰なんだろう。

って考えて思わず泣きたくなったり

すごく悲しくなったりすることも

あると思います。

ことのは。もこういう風に

思っていた時期があって

恥ずかしながら仕事中に関わらず

泣きたくなったりしたこともありました。

誰よりも人には優しいのに自分自身に

優しくすることを忘れて

責めて追い詰めて十分頑張っているのに

まだまだやれると頑張りすぎて

気づけば心のライフは限りなく

ゼロに近づいていて

ある日ふと何もすることが出来なくなるなんて

こともあると思います。

誰よりも頑張っているはずなのに

まだまだ出来る。

もっと上を目指さなきゃと

自分で自分を追い詰めていませんか?

頑張るのは素敵なことですが、

自分を犠牲にしてまで

頑張る必要はないのでこの本を読みながら

肩の力を抜いて自分らしく

いられるようになりたいですね^^

本を読んでいて心に響いたこと

それでは

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

読んでことのは。が特に印象に残ったことを

紹介していきたいと思います。

<SNSでのモヤモヤ>

●道具は進化しても人の事情まで進化したわけじゃない

現代ではSNSを通じて気軽にたくさんの人と

交流を持てるようになりました。

便利であるために気軽にメッセージのやり取りが

出来るようになってきましたが

便利な反面、画面の向こう側に人がいるという

認識が低くなっているかもしれません。

●既読がついているのに返事がない。

●いつまで経っても既読がつかない。

こういう経験は多くの方があると思います。

返事がないと心配になって怒らせたかな?

何か言っちゃったかな?とか

いろいろ不安になりますが

この本を読んで相手にも都合がある、仕事中で

返事が返せないかもしれない。

自分はすぐに返事が出せる環境にあるけど

相手もそうだとは限らないと読んで

気が楽になりましたね。

〈人間関係のモヤモヤ〉

●自分が楽になるために外の声より自分の本音

何か嫌なことがあったときついつい

周囲に相談してしまうことってありますよね。

その人のアドバイス通りに解決策を

実践してみたけどうまくいかなかったり、

余計にモヤモヤしたり。。。

それもそのはず。

その解決策はその人に合った方法であり

必ずしも自分自身にも

使えるわけではないということです。

ことのは。もアドバイス通りに

したこともありますが

やはり上手くいかなかったり長続きしなかったり

したことがありました。

相談はしてもいいですが、最終的には

自分がどうしたいのか?

を考えて自分に合った解決策を

見つけたいものですね。

●自分を大事にすることも大切な人の為になる

優しい性格だったり、

他の人のことを優先しがちな

人にありそうな傾向ですが

友達を気遣って、自分のことは後回しにして

友達のことを優先させて

しまうことあると思います。

自分の気持ちは置いておいて

友達をを優先することで

自分の気持ちを無視して

疲れ果てていることは

悪いことではないけれど、友達からすれば

自分自身を大切にしてほしいと

思われているかもしれません。

大切に思ってくれているのは嬉しいけど

友達から見れば

あなた自身も大切な存在なんです。

友達のことを優先するのも大事ですが

本当に辛い時、無理してまで

優先しているときは

大切な人だからこそ弱音や本音を見せれるように

なれるといいですね。

●大切な人や自分に優しい言葉をかけてあげる

普段なかなか面と向かって言うのは

恥ずかしいですが

大切な人だからこそ

「ありがとう」「好き」という

気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

もし人に言うのが難しいときはまず

自分自身に優しい言葉をかけてみるのも

いいと思います。

ことのは。も前までは自分に対して責めたり

追い詰めたりする言葉を投げかけていました。

するとどんどん自信をなくして

何も出来なくなっていた時期がありました。

でもある時ふと

●あー私こんなに頑張ってたんだな。

って気づいて自分自身に対して

お疲れ様とかいつも頑張ってるねとか

そういう言葉をかけてあげると

すごく落ち着いたんですね。

前はどんなに頑張っても頑張ってるって

意識がなかったしまだまだやらなきゃ!って

無意識のうちに追い詰めてしまってたんですね。

で、ある日限界が来て

何も出来なくなってしまって。

でも自分自身に優しい言葉を

かけてあげるようにしたら

出来なかったことも

出来るようになってきています。

周りに出来ないならまずは

自分自身に優しい言葉を

かけてあげてくださいね。

それを続けることで周りの環境も

変わっていくかもしれません。

●人に何かをするときは「やってあげた」ではなく

「やりたいからやった」

これはことのは。にも経験があるんですが

人に対して何かをしたときに

思ってたほど感謝されなくて

「やってあげたのに!」って

思うことありますよね。

せっかくやってあげたのに何か

モヤモヤする。ってときは

相手から思ったような行動が

返ってこなかったからだと思います。

善意でやっていることでもどこかで

見返りを求めてしまってるんですよね。

もしかしたら、相手はそういうことをして

ほしくなかったかもしれないし

必要のないことだったかもしれません。

もしも人に何かしてあげたいと思ったら

見返りは期待しないで

「やりたいからやった」というある意味

自己満足ぐらいの方がお互いに

いいかもしれませんね。

〈職場のモヤモヤ〉

●目標は目に見える高さからでいい

何かをするときに目標を立てて行動することは

大事ですがその目標をいきなり高めに

設定してしまうことってありませんか?

例えば筋トレを始めたとして

いきなり毎日腕立て、腹筋、スクワットを

100回やる!と決めて始めてみたのはいいけど

100回って結構キツいんですよね。

そうすると毎日やることがしんどくなって

結局辞めてしまう。って

結果になってしまいます。

そこで目標のハードルを下げて

30回ずつにすればそんなに

大変な数字ではないですよね。

そんな感じで仕事において人と比べてしまって

落ち込むことがあると思いますが

そんなときは出来そうな目標や

人がやっていることで、出来そうなことを

チャレンジしてみてそれが出来たら

また小さな目標を立てて焦らずに

一つ一つ取り組んでいけばいいと思います。

大きな目標を立てて結局出来ないよりも

小さな成功体験

積み重ねていくことが

継続出来るコツだと思います。

●ガマンせず自分を守るのも大切な仕事

職場でどうしても自分の意見が言えなくて

ガマンしちゃうことってありますよね。

波風立てたくないし自分がガマンすることで・・・って

思ってしまうことあると思います。

でもそんなときこそ自分自身と向き合って自分の

声を聞いてあげてほしいと思っています。

これって相手に対して意見を言うだけじゃなくて

いいと思っています。

やっぱり言いにくいことってあるし

言わない方がいい場面もあったりします。

思っていることが言えないから

ダメなんじゃなくて

その言われたことに対して

自分がどう折り合いをつけられるかだと

ことのは。は思います。

仕事はお金を稼ぐ上で必要なことですが

自分自身を傷つけたり追い詰める

必要性はないと思っています。

時間がくれば仕事は終わるし

職場にいる人とも、特別仲良しでなければ

関わることって多分ないと思うので

あとは自分の時間をどう過ごすかだと思います。

まとめると周りに何を言われても

自分自身をしっかり持って軸の部分だけは

ブレないようにしたら何かを言われても

そんなに気にならなくなると思います。

ことのは。も割とすぐに

凹んでしまうときがありますが

そういうときって自分に

自信をなくしているからだと思うんです。

軸の部分がブレているから人の意見に

振り回されて疲れてしまうんですね。

簡単にはそう思えないかもしれませんが

しっかりと自分を持って

行動できるようになりたいですね。

●「疲れたから休む」ではなく「疲れる前に休む」

日本人はついつい頑張りすぎてしまう

傾向があります。

疲れきって集中力がなくなっているのに

もっと頑張ろうとして結果ミスをしてしまう

なんてこともあると思います。

そして限界が来て体調を崩して

休んでしまったりするかもしれません。

頑張るのはいいことですが

体調を崩してまでやる必要はないと

ことのは。は思うので疲れる前に休むことを

心がけたいですね。

でもこれってなかなか難しいし

休むことはよくないことという意識から

なかなか休めない方がたくさんいると

思います。

そんなときは自分と向き合って自分の限界が

来たときのサインを

認識するといいかなと思います。

例えば風邪をひいたときは

●喉が痛い

●頭が痛い

●体がだるい

とか引き始めの症状があると思います。

それを感じることで早く寝ようとか

薬を飲もうとかいろいろ対処して

悪化する前に防ぐことって出来ますよね。

それと同じで気持ち的に無理なときの

サインを自分で把握しておけば

疲れきって何も出来なくなる前に

対処することが出来ますよね。

限界が来たときは

まず自分自身を労って

思い切って休んでみてくださいね。

●謙遜のしすぎは「お前は見る目がない」と

言っているのと同じ

人から褒められることって日常の中でたまに

あると思います。

そんな時に褒められ慣れていないと

「いやいや、そんなことないですよ」って

否定しちゃうと思います。

これって日本人に多い傾向な気がします。

ことのは。もそうなんですが褒められると

すごくドキドキして

「そんなにすごくないですよ〜」って

言ってしまいます。

でも少し前から考え方を変えて

「褒めてもらってるんだから

否定するんじゃなくて受け止めてみよう」って

思ったんですね。

というのも、褒められて

「いやいや〜そんなことないですよ〜」って

言うと

「いやいや〜十分すごいですって」って

いやいや〜の無限ループに

入ってしまうんですね。

なんでその無限ループに入るよりも

受け止めた方が

お互い気分がいいんじゃないかなって

思うようになりました。

せっかく褒めてもらってるんだから否定せずに

「ありがとうございます」って言えば

言われた方も嬉しいし、言ってくれた方も

嬉しくなると思います。

謙遜することは悪いことではないですが

やはり度が過ぎると失礼になる可能性も

あるので、なかなか恥ずかしくて

受け取りにくいと思いますがまずは

「ありがとうございます」と

一言言う習慣をつければ褒められることにも

少しずつ慣れてくると思います。

ちなみに、ことのは。は

「ありがとうございます」の後に

「いやー褒められると戸惑っちゃいますね」と

一言付け加えるようにしてます。

《スポンサーリンク》



まとめ

いかがだったでしょうか?

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

紹介とことのは。の感想でした。

この本を読んで、ことのは。はすごく気持ちが

軽くなったし、何より以前は些細なことでも

かなり落ち込むぐらい考えたり、悩んだり

していたのがあまり

気にならなくなってきています。

SNSや人間関係で悩んでいる方には

一度手に取って体験してほしいなと

思っています。

気楽に読めて少しでも気持ちが軽くなれたら

すごくHappyだと思います。

それでは最後までお読みいただき

ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

ブログランキングに参加しています👇

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です