小説

「空の声」堂場瞬一 伝説のアナウンサーが五輪中継に命を賭ける!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分30秒です。

今日は、4月10日発売の堂場瞬一さんの小説「空の声」を紹介します。

少し前にも、同じく堂場瞬一さんの「迷路の始まり」を紹介させて頂きました。

初めて読んだんですが、独特の緊張感とありふれた日常がうまく絡み合っていて
他の作品もぜひ読んでみたいと思ってところ、

新刊が出るとのことで今回も紹介させて頂きます。

「空の声」とつけられた今回の小説、何と1952年(昭和27年)に実在した

アナウンサーが登場します。

前回の「迷路の始まり」は思い切り現代のお話でしたが今回、舞台が一気に昔に戻ります。

堂場瞬一さんが描く当時の時代背景は、果たしてどんな内容になるのか
今から楽しみですね。

また当時の食事シーンなどの描写があればいいなと今からすごく楽しみです♫

あらすじ

身命を賭し、自らの声で日本を鼓舞した男がいた

玉音放送を担った伝説のアナウンサー和田信賢わだのぶかたは、
大病を患いながらヘルシンキへ渡り、五輪を中継。だが次第に目も見えなくなり……。

戦前から戦後にかけて活躍したNHKのアナウンサー。

1945年8月15日の終戦放送で、進行役を担当したり
ラジオクイズ番組の司会、スポーツの実況など幅広く活躍。

実際のアナウンサーの活動をどのように小説として
話を進めていくのか、見どころだと思います。

和田信賢さんの実況に賭ける熱い思いが、堂場瞬一さんの手によって
どのように描かれていくのかにも注目したいですね。

発売日前情報

発売日 2020年4月10日
価格 1,700円+税(税込1,870円)
ページ数 344ページ

実話を元にしているということで、かなり発売が待ち遠しいですね。

病気と戦いながら、ヘルシンキでの放送はやり遂げると宣言したアナウンサーの生き様、かっこいいと思います。

敗戦という暗いニュースを吹き飛ばせるように、プロのアナウンサーとして仕事に賭ける姿勢は素晴らしいです。

辛いこと、苦しいこといっぱいあったと思いますが、「やり遂げる」という信念が

彼を支えていたんだと思います。

その時代を確かに生き抜いた和田信賢さんと、周囲の人間模様に注目したいですね。

まとめ

自分の命が危ないかもしれない、本調子ではない中での

母国を離れてアナウンサーとしての仕事を成し遂げる

精神力は並大抵のものではないと思います。

 

不安、恐怖、苦しさなどの感情があったと思いますが

それでも熱意を五輪中継に賭けた和田信賢さんの生き様

アナウンサーという仕事に対する誇りを小説を通じて

触れてみたいと思っています。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

《スポンサーリンク》

ブログランキングに参加しています👇

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

《スポンサーリンク》




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です