小説

【天使の囀り】第四段階に入った人たちの行く末は?内容紹介と感想

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分49秒です。

こんばんは。ことのは。(@kotonohaho)です。

今日は1998年に発売された貴志祐介さんの「天使の囀り」の内容紹介と

感想をお届けします!

ジャンルとしては長編ホラー小説となっていますが

バーン!と驚かすような内容ではなく、背筋がスーッと寒くなるような

ジワジワと来る恐怖が特徴です。

 

舞台は終末期医療のホスピスを中心に、パソコンゲームにハマった青年の日常や

自己啓発のセミナーハウスなどに移り変わっていきます。

こんな人におすすめ!

●読後感にスッキリ!を求めない人

●考えさせられる小説が好きな人

●グロテスクな表現が好きor耐えられる人

あらすじ・内容紹介

「天使の囀りが聞こえる」

ホスピスで終末期医療に携わる精神科医、北島早苗の恋人・高梨が

ある日、突然奇妙なことを言い始める。

臆病でどこか一歩引いたところのある高梨がアマゾン調査隊に

参加してから、人格に異様な変容を見せるようになる。

 

そんな高梨の言動・行動に違和感を覚えた早苗。

しかし、何もできないまま高梨は自ら命を絶ってしまう。

高梨と行動を共にした調査隊のメンバーも次々と

不可解で異常な方法で命を絶つ。

やがてその連鎖はどんどん広がっていくー。

 

終末期医療とは何なのか?

精神科医・北島早苗は悩み、苦しみながら一つの答えにたどり着く。

その答えは善か悪か?

死に向かう人々の苦しみ・恐怖を取り除く方法はあるのだろうか?

終末期医療、人の死について考えさせられる作品。

《スポンサーリンク》



「天使の囀り」の感想・特徴

とにかく感情が揺さぶられる

「天使の囀り」全体を通して言えることが、とにかく

感情がガクガク揺さぶられるぐらい「痛み」が伝わってくることですね。

 

初めて読む方は、ストーリーを追うのに意識が向いてしまうかもですが

何度も読み返していくと、心臓がギュッと掴まれたような痛みや

背筋がうっすらと寒くなるような恐怖も、貴志祐介さん独特の表現方法で

描写されています。

 

何よりも悲しいのが登場人物たちがたどる悲しい末路ですね。

自らが望んだわけではなく、他人の手によって引き起こされた出来事に

巻き込まれてしまった人々のことを考えると、とても悲しい気持ちで

いっぱいになります。

ただ単にその人たちが、たどった出来事を書いているだけなら

そこまで心も痛まないかもしれませんが、その人たちが

心の底から好きだと思っていること、将来の夢、何にも変えられない大切な存在、

そんな背景が細かな感情の描写と一緒に書かれているので

涙なしでは読めないかもしれませんね。

 

グロテスクな内容ではあるものの、もしそれでも大丈夫!

グロい表現でも大丈夫、もしくは耐えられる方には

ぜひとも読んでほしい作品であります。

 

登場人物の背景、感情面に注目して読んでいくと

より一層のめりこめると思います。

荻野信一おぎのしんいちについて

登場人物の一人、荻野信一。彼は、28歳でありながら、コンビニでアルバイトをして

親から仕送りをしてもらいながら生活している青年。

 

登場したばかりのときは、人となるべく関わりたくない、

唯一の楽しみはパソコンの恋愛ゲームで、お目当ての女の子を攻略するのに

情熱を傾けている男性。

親から見合いを進められるも、二次元の女の子と現実の女の子とでは

勝負にならないとひたすらに二次元の女の子に好意を寄せています。

 

そんな彼がとある自己啓発セミナーに参加したことから

彼の生活は一変。

 

重度の蜘蛛恐怖症アラクノフォビアだった彼が、ある日を境に蜘蛛を家で飼い始めるという

到底蜘蛛を怖がっているとは思えない行動を取り始めます。

彼のアパートの一室は蜘蛛の巣が張り巡り、大型の蜘蛛が

生息する場所に変わりました。

大事なパソコンも、好きなゲームソフトの箱も

蜘蛛の巣で覆われてしまうまでになっています。

 

彼はそのことに深い悲しみを覚えて一時、泣くんですが

すぐさまその感情は、めくるめく喜びに変わります。

本物の悲しみの感情と、偽りの喜びの感情とが、交互に表現されていて

読んでいて、とても悲しくやるせない気持ちになります。

 

もちろんはたから見て奇怪な行動はしてるんですが

彼の本当の気持ちを感じとったらとてもかわいそうな

そして皮肉な結果となります。

荻野信一は性格が歪んでいる一面がありますが

それも彼のせいではなく、周りの環境や扱いが、そうさせたんだと

思うと、一概に嫌な気持ちはしないというか、なれないというか。

 

彼のたどった結末を知った親や姉はどう思ったのか?

小説の中ではそのことは書かれていませんが、気になるところですね。

仕送りをして、定職にもつかない息子でも、この結末はものすごく

悲しい結末だと、私は思いました。

第四段階に入った人たちの悲しい末路

もしかすると、少しネタバレになってしまうかもしれませんが、

「天使の囀り」では寄生虫が出てきます。

その寄生虫が人間に感染し・・・という感じなんですが

感染してからの行動を「第一段階、第二段階・・・」といった感じで

表現されています。

 

そして最終段階である「第四段階」に入ってしまった人たちが

たどる結末はあまりにも悲しく、あまりにも怖く

後半はそういった怒涛の感情が押し寄せてきます。

 

純粋な気持ちを持って自分自身を変えたいと思っていた人と

その気持ちを利用され、とても人間とは思えない

ラストを迎えることになります。

 

この辺は実際に小説を手にとって読んでほしいですね。

ずっと、貴志祐介さんの小説を読んできていますが

「痛み」「悲しい結末」という点では、私個人としては

ダントツだと思っています。

 

作中では書かれていない「第四段階に入った人」たちの感情がどんなものか

恐怖がどんなものか想像しながら読むとよりリアルに伝わってくると思います。

 

その感情を精神科医・北島早苗がくみ取り、思いをはせるところは

読んでいて本当に胸が締めつけられるほどです。

「第四段階に入った人」が迎える結末には、最初に書いた

終末期医療のあり方のヒントが隠されていると思います。

 

実際にその現場を目撃したからこそ、最後に北島早苗は

やってはいけないことかもしれないけど、ある行動を起こします。

 

北島早苗はこれが今の自分にできる、死に向かう人を安らかに

送り届けられるんだと言い聞かせていたんだと思います。

それでも、やってはいけないことだという思いと

安らかに恐怖を感じることなく送ってあげたいという思いが

北島早苗の中ですごく葛藤したと思います。

まとめ

この小説は「痛み」を感じることなく読めないと思うし

すごく辛いけれど、とても人のあり方、終末期医療のあり方について

考えさせられる内容になっているので

ぜひとも手にとっていただきたいと思っています。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

《スポンサーリンク》

ブログランキングに参加しています👇

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

☆関連記事☆

知ってはいけないことを知ってしまった子供たちの運命【新世界より 上】感想

【新世界より】青沼瞬の最後が悲しすぎる。涙なしでは読めないよ【感想】

【新世界より】偽りの神がたどりついた悲しく辛い結末は・・・【下巻の感想】

【新作小説】貴志祐介さんが2年半ぶりに新作発表!【罪人の選択】紹介

【天使の囀り】第四段階に入った人たちの行く末は?内容紹介と感想

【十三番目の人格 ISOLA】ネタバレありの感想を思うままに書きます!

【青の炎】を久々に読んだので感想を書きました♪【小説】

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

《スポンサーリンク》




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です